ノロウイルスの対策・処理

ノロウイルスにかかったら

二次感染を防ぐためにできること

ノロウイルスは感染力が強いうえにワクチンもなく、特効薬もありません。特に抵抗力の弱い子どもや高齢者には簡単に感染して発病してしまいす。最も重要で、効果的な予防方法として「流水・石けんによる手洗い」によりウイルスを洗い流す事です。

感染してからも注意しなければいけないことがあります

安易にノロウイルス感染者の嘔吐物などを処理をするとすぐに二次感染してしまいます。ノロウイルスの感染対策として現在最も効果的なものは、厚生労働省からも推奨されている次亜塩素酸ナトリウムや高濃度の次亜塩素酸水です。ノロウイルス感染者の嘔吐物などにはこの次亜塩素酸水を直接噴霧します。より安全に作業していただく為にビニール手袋やマスクの着用をおすすめします。ノロウイルス感染者の嘔吐物などを拭き取ったタオルは、石鹸で洗ってもノロウイルスを消毒したことにはなりません。

参考 厚生労働省の資料より次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料

高濃度の次亜塩素酸水に浸すなどして確実に消毒してください。






ワクチンもアルコール消毒も効かないノロウイルスには高濃度電解次亜水を

十分な予防を心がけていたにもかかわらずノロウイルスが発症してしまった時、二次感染、拡散防止は重要なポイントです。アルコール消毒が効かないノロウイルスには瞬時の除菌作用と幅広い菌に対しての除菌効果のある次亜塩素酸水が有効です。

 

有効な対処方法について

ウイルスや菌に感染する前の対策・予防が大切です。
次亜塩素酸水に対応した加湿器を使用し、次亜塩素酸水を空間に噴霧するなども有効ではないでしょうか。お部屋の乾燥も防げるため、効果的に予防することができます。ノロウイルスはもちろん新型インフルエンザや風邪の予防、花粉症などのアレルゲン、カビ類などにも頼もしい力を発揮します。
健康を維持するために栄養と睡眠をしっかりとり、次亜塩素酸水で空間除菌・加湿をし、病気とは無縁の元気な毎日をおくりましょう。