ノロウイルスを予防するには

手洗いをしっかりと、が基本

 ノロウイルスの予防だけでなく、すべての感染症の予防の基本となるのが「手洗い」です。

 

特に外から帰宅した時とトイレの後は、手に細菌が付着しているため清潔にしなければなりませんし、食事の前は食べ物を介して細菌が体内に入らないようにするために手をきれいにする必要があります。

 

消毒も大切です

 ノロウイルスは細菌の30分の1から100分の1ほどと非常に小さく、手のしわなどに深く入り込んで体内に侵入するチャンスを狙っています。

 

そのため、爪の内側やふちのところ、指の又の部分、手のひらのしわの中など、洗い方が不十分になりがちな場所を重点的に石けんを使って丹念に洗いましょう。
※ご心配の方は、ノロウイルスに感染しにくい最適な予防として次亜塩素酸水(除菌効果も高く、食品添加物としても利用されるほど安全)を家庭におきましょう。

 

【手洗いの順序】

@まず流水で表面の汚れや付着物を落とします
A石けんをよく泡立てて、手全体に付けます
B手のひら、手の甲、指の間を両手を組むようにしてもみ洗います
C親指を片方の手で包み、しごくように洗います
D指先で手のひらのしわまでしっかりもみ洗います
E手首をつかんでもみ洗います
F爪ブラシなどを使って爪の間を丹念に洗います
G流水でよくすすいで石けんを落とします
Hペーパータオルで水分をしっかり取ります
Iあれば消毒用アルコールを両手につけてすり込みます

 

中心部まで十分に加熱処理したものを食べる

 カキをはじめ、アサリやホタテ、アカガイなどの二枚貝は海水中で内臓にノロウイルスが蓄積されるため、生食は感染リスクが高いと考えられています。

 

ノロウイルスが活性化する時期は二枚貝はもちろん、生食はできるだけ避けて加熱処理をしましょう。

 

ウイルス

 

目安は85〜90℃で90秒以上の加熱。これによって中心部まで十分に火が通り、感染を予防することができます。





掃除と消毒をしっかり行い、予防しよう

 ノロウイルスは水道の蛇口やドアノブ、便器など、多くの人が触れたり使ったりするものに付着し、それを触った人に二次感染を起こします。

 

トイレの手洗いなどは一見きれいなようでも常に水しぶきと共に汚れが飛び散っていることが多く、感染の危険性が高い場所です。

 

また、キッチンのまな板や包丁、ふきんなども人の手を介して菌が移りやすいところ。毎日しっかり洗って消毒しましょう。

 

ノロウイルスは通常の石けんやアルコールでは十分に消毒できないので、熱湯または次亜塩素酸ナトリウム(台所用漂白剤など)を用いましょう。

 

 

ラクトフェリンを摂取

ラクトフェリンがノロウイルスに効果を発揮するということはご存知でしょうか?
数年前よりこの事実が発見されており、森永乳業が調査して現在では粉ミルクヨーグルトにも含めるようになったそうです。

 

ラクトフェリンとは、母乳にも含まれているタンパク質であり、抗ウイルスの力をもっているとの事なので納得。
赤ちゃんをノロウイルスなどから守るために人間が本能的に必要としていたものなのですね。

 

こうなると母乳に含まれるその他タンパク質もいろいろなウイルスや細菌から守ってくれる大切なものがいろいろ含まれていそうですね。まさに神秘の力

 

 

気になる記事はこちら
こちらのページもチェック ノロウイルス撃退ページ
そもそもノロウイルスって? もうならない!ノロウイルスの予防
ノロウイルスの感染経路について ノロウイルスの治療